レンタル機器で失敗

ダイビングをするにあたっては、機器がとても重要な要素なんだと思い知らされました。私は当時初心者で、沖縄の海に潜ったのですが、レンタルした機器に不備があり本当に怖い経験をしました。あのときの恐怖で、今も潜水にはひどい抵抗があります。
一緒に潜った友達はあれからダイビングにハマっていろいろなスポットを楽しんでいるというのに・・・。レンタルショップのいい加減さが憎くて仕方ありません。でももちろん、ろくに下調べもしなかった自分にも責任はあります。後悔するばかりです。
<きちんと試着しよう>
私の事故は、ウェットスーツのサイズが合わなかったために起こってしまいました。ぶかぶかしたスーツの中に水が入って、体が沈んでしまったんですね。レンタルショップできちんと試着をしてから潜るべきでした。皆さんも気をつけてくださいね。もし「試着はできません」というお店なら、そこは避けた方がいいかもしれません。
<ネットで評判を調べよう>
多くの観光客の相手をする沖縄のレンタルショップには、悪質なお店もたくさんあるようです。ネットにはいろいろな評判が出回っていますから、必ず現地に行く前にチェックしておいてください。面倒なことのようですが、安全にダイビングを楽しむためには労を惜しんではいけません。

関連する記事


About XL4ey1LTzEkU